事例紹介

"綿密な分析を基にKPI を設定し、
クリエイティブを最適化"

富士通様では、「AzbyClub(アズビィクラブ)」利用者向けに配信するサポートメールのクリック率改善を目指してHTMLメールテンプレートをリニューアル。配信結果だけでなくユーザーの声をアンケートによって取得し、見た目に美しいだけでなく、情報を「伝えられる」メールマガジンを作り上げました。

事例ダウンロードはこちらから

情報を「伝えられる」メールマガジンを作るためには

企業が配信するメールマガジンの多くは、情報提供を目的として配信されている。その根底にあるのは、「自社の製品やサービスに関する情報を、お客様に知って欲しい」という考えだ。しかし、ただ配信するだけで、その情報を顧客に伝えることができるわけではない。

どのようなコンテンツが求められているのか。どのようなデザインが顧客の目を引くのか。情報を「伝えられる」メールマガジンの制作には、それらを綿密に分析し、原稿に反映することが必須となる。


「現在のメールではしっかり情報を伝えることができていないのではないか、という思いがありました」。こう語るのは、富士通株式会社(以下 富士通)パーソナルビジネス本部ダイレクトビジネス事業部の菊池 武志氏。

富士通は、自社の展開するパーソナルコンピュータブランド『FMV』利用者を会員とする組織『AzbyClub(アズビィクラブ)』に向け、快適なパソコン利用をサポートするための様々なサービスを提供している。

しかし、会員向けに配信しているメールマガジン『AzbyClub 通信』でおすすめのサポートやサービス情報を掲載しても、思うようにクリック率が伸びなかった。

「サービスは年々数が増えて充実してきているのに、メールでお客様にそれをきちんと伝えられていない。開封率が低下していることもあって、コミュニケーションの見直しの必要性を感じ、今回のリニューアルプロジェクトを実施しました」。

事例ダウンロードはこちらから
WEBからのお問い合わせ・資料請求
お問い合わせ・資料請求フォーム