チーターデジタルの製品・サービス

戦略立案・効果検証

現状分析に基づいた明確なコミュニケーション戦略なしでは、メール配信を行ったとしても期待できる効果は限定的です。チーターデジタルでは、クライアント企業のビジネスをしっかりと理解することから現状分析を始め、抽出された課題と可能性をもとに、独自のフレームワークを利用してメールマーケティング戦略を立案します。

また、ビジネス環境が刻一刻と変化する中で中長期的に効果を向上させるには、効果検証と改善のプロセスを日々の業務の中に組み込んでいくことが重要です。チーターデジタルでは、メールマーケティング施策に対するユーザーの反応を把握すると同時に、メールマーケティングによる見込客や顧客のレベルアップ状況を評価することで、メールマーケティングのさらなる改善をお手伝いします。

メールマーケティングにおける現状分析

メールマーケティング戦略を立案するには、クライアント企業のビジネスモデル・環境の理解が不可欠です。現状分析を行う際には、まず市場・顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)という3Cにあたる各要素を整理・分析から着手します。

メールマーケティングにおける3C分析の例
メールマーケティングにおける3C分析の例

メールマーケティング戦略立案のためのフレームワーク

メールマーケティング戦略立案にあたっては、ベース、スポット、フォローの3プログラムを組み合わせ、長期/短期、ブランディング/プロモーションのバランスを取ることが重要です。

プログラム 目的と展開
ブランディングを目的とした長期的な
ベースプログラム
  • 企業やサービスに対する安心感・信頼感の醸成を目的とする。
  • 商品・サービスの告知は少なめにし、読み物として役に立つ、また、面白い内容のメールを長期的・継続的に配信する
    (ブランディング:プロモーション=8:2が目安)
単発のプロモーションを目的とした
スポットプログラム
  • 商品・サービスのプロモーションを目的とする。
  • 各商品・サービスに興味のあるユーザーがどのように抽出するかがポイント。
    (ブランディング:プロモーション=2:8が目安)
新規登録/購買などを起点とした
フォロープログラム
  • 新規登録や購買をトリガーに商品やサービス利用のフォローを目的とする。
  • 新規登録者に知ってもらいたい情報、購買した商品に関連する情報などを配信し、満足度向上、クロスセリング、アップセリングにつなげる。

メールマーケティング戦略立案の流れ

はじめにメールマーケティングの目的・役割を明確にした上で、必要なコミュニケーションプログラム(ベース/スポット/フォロー)を設計します。

メールマーケティング戦略立案の流れ

メールマーケティングにおける効果検証

ユーザー環境の変化や新製品/サービスのリリースなど、企業を取り巻く状況は刻一刻と変化しています。メールマーケティングにおいても、計画 (Plan)、実行(Do)の後には効果検証(See)を行い、計画やプロセスを見直し改善していくことが重要です。

チーターデジタルでは、メールマーケティング施策に対するユーザーの反応を把握すると同時に、メールマーケティングによる見込客や顧客のレベルアップ状況を評価することで、メールマーケティングのさらなる改善をお手伝いします。

効果検証のフレームワーク
  メールコミュニケーション施策の評価 見込顧客・顧客
レベルアップ状況の評価
データ分析
  • 配信成功数・率
  • 開封数・率
  • クリック数・率
  • 一定期間でのアクション状況
  • 登録タイミング別アクション状況
  • 登録経路別アクション状況
アンケート分析
  • 情報量・長さ
  • 配信頻度・タイミング
  • コンテンツ
  • クリエイティブ
  • 製品/サービスの認知度
  • ブランドのイメージ
  • 製品/サービスへのロイヤリティ

また、効果検証の一つであるアンケートの調査設計からシステム提供、レポーティングまでワンストップでサポートします。

アンケート支援について詳しく知る

お問い合わせ・ご相談などお気軽にご連絡ください

クリエイティブサービス

AIU 保険会社 日本支社様
フォローメールのリニューアルにより、未払い率が約30%減少

コンサルティングサービス

富士通様
綿密な分析を基にKPI を設定し、クリエイティブを最適化

クリエイティブサービス

ワコール様
リニューアル原稿が、ABテストで2倍以上のクリック率を記録

開封エンゲージメント

株式会社アマナ様
マルチデバイス時代のメールマーケティングコミュニケーション最適化への取り組み

クリエイティブサービス

ザ・プロアクティブカンパニー株式会社様
CV率2 .2倍。スマートフォンユーザーに伝えたいメッセージをダイレクトに訴求するレスポンシブメール。